【バイクカスタムのすべて】エストレヤをアーミーカスタムにするまでの軌跡

この記事では、今までしてきたエストレヤのバイクカスタムをまとめて紹介します。

 

元の車体

こちらが、僕がカスタムする前の写真。

エストレヤRS

中古で購入したときの状態です。

購入時のスペックはこんな感じでした。

車体年式
走行距離 約7000km
購入金額  36万円(保険料等込)

 

中古で購入したときにすでにマフラーは純正よりも音が大きなメグロっぽい音のものに変更されていました。

その他はカウルが付いているくらいでノーマルの状態でした。

2017年のカスタム

2017年から本格的にカスタムを開始。

車体を自家塗装でアーミーカスタムに

僕のバイクの特徴とも言えるアーミーアスタム風の塗装は自分で行いました。

エストレヤをDIYで自家塗装!アーミーカスタムバイクにした道具と方法をすべて紹介!

去年、僕は自分の乗っているカワサキのバイクをDIYで自家塗装しました。 結構いろんな方から、「どうやったの?」と聞かれることが多いので、今回はそのカスタムの全容をまとめてみます。   塗装の ...

続きを見る

バイクのの車体カラーを自家塗装でアーミーカラーに変更。

自家塗装の様子はブログとYouTubeにまとめています。


エストレヤをDIYで自家塗装!アーミーカスタムバイクにした道具と方法をすべて紹介!

去年、僕は自分の乗っているカワサキのバイクをDIYで自家塗装しました。 結構いろんな方から、「どうやったの?」と聞かれることが多いので、今回はそのカスタムの全容をまとめてみます。   塗装の ...

続きを見る

サイドボックスとして軍用の弾薬箱(アーモボックス)を取り付け

アーミーカラーに自家塗装するときに一緒にサイドボックスとして、アーモボックスを取り付けました。

エストレヤは元々積載がほぼない車体なので、安価で頑丈な防水機能を誇るアーモボックスはアーミーカスタムにぴったりでした。

MILITARY-BASE(ミリタリーベース)M19A1タイプ 7.62 アンモボックス 1.8kg [275mm×96mm×182mm]
MILITARYBASE

2018年のカスタム

2018年からカスタムに更に熱が入り、様々なカスタムをしました。

カスタムのテーマは「実用性を拡張し、バイク1台でキャンプから狩猟までこなせるようにする」

シートをロングシートからソロシートに変更

バイクESTRELLA(エストレヤ)のロングシートをソロシートに変更してみた

エストレヤの古い型番のソロシートってかっこいいと思いませんか? 最近のエストレヤはロングシートになっていますが、古いタイプはこんなソロシートなんですよね。 ソロシートはレトロでかっこいい!!! という ...

続きを見る

エストレヤ純正のロングシートからソロシートに変更しました。

これは完全に見た目重視で変更したのですが、ソロシートが小さすぎて後で別のシートに変えることになりました。

エンジンガードを取り付け

エンジンガードを追加して、見た目をドレスアップし、転倒にも備えました。

駐車場で車にぶつけられてバイクが倒されたときに、このエンジンガードのおかげで車体は無傷でした。
このときほどエンジンガードを付けておいてよかったと思ったことはありません。

ちなみにエンジンガードはエストレヤ純正のものではなく、スズキGN125のエンジンガードを流用して使っています。
個人的にエストレヤ純正のものよりも見た目がかっこいいと思ってます。

created by Rinker
¥17,820 (2019/06/17 17:28:55時点 楽天市場調べ-詳細)

ウインカーを変更

エストレヤの純正ウインカーがポッキリ。自分でウインカー交換をしようとしたら痛い目を見た。

ある時のツーリングの休憩中、バイクを眺めていると何か違和感が・・・・ なんとエストレヤの純正ウインカーがポッキリと折れていましたw わろたwww折れたwwww pic.twitter.com/Cfor ...

続きを見る

エストレヤ純正のウインカーが振動で折れてしまったので、小さめのウインカーに変更。

正直「コレはミスマッチだったかなー」と思ってます。
次交換することがあれば、少し大きめのレトロなウインカーにしようと思っています。

ハンドルを変更

エストレヤのハンドルをアップハンドルに交換してみた!

カワサキのエストレヤに乗っている僕ですが、ハンドルを交換したいと前から思っていました。 純正ハンドルは、まっすぐぎみで乗った時のライディングポジションがやや前傾姿勢になります。 前傾ぎみだと、乗った感 ...

続きを見る

純正のハンドルからカモメ型の少し曲がったハンドルに変更しました。

この変更によってライドポジションが前傾姿勢から、かなりゆったりとした姿勢になったので長距離走行も楽になりました。

 

リアキャリアを装備してカブ用シートを採用

バイク店に依頼して、エストレヤにリアキャリアを設置。

さらにソロシートをホンダのカブ用のシートに変更しました。

さすが業務用バイクと言うべきか、カブ用シートは非常に座り心地がよく、長距離走行でもお尻が痛くなることがほとんどなくなりました。

サイドボックスを大きなものに変更

上の写真にも映っていますが、サイドボックスを大きくしました。

サイドボックスのアーモボックス(小)を米軍払い下げ品のナイトビジョンゴーグルケースに変更。

 

素材などはアーモボックスと似たようなものですが、容量が大きくなったのと内側に精密機器を持ち運ぶためのスポンジが入っているので、カメラなどを入れておくことも可能になりました。

2019年のカスタム

2018年でやりたいカスタムはやり終えたと思ってましたが、カスタム欲はまだまだ止まりそうにありません(笑)

チューブタイヤをチューブレス化

狩猟中に山奥でパンクしてレッカーを呼ぶハメになりました。
この経験からパンクしても対処できるように、パンクに強いタイヤのチューブレス化を実行。

バイク屋にてチューブレスキットでチューブレス化してもらいました。
これで釘が刺さるなどの事故があっても、修理キットと空気入れがあれば自走が可能になりました。

created by Rinker
大橋産業 (BAL)
¥1,242 (2019/06/17 17:28:55時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

以上が僕のアーミーカスタムエストレヤに行ってきたカスタムのすべてです。

今後もなにかカスタムする度に、この記事を更新していこうと思います。

 

皆さんの愛車のカスタムの参考になれば幸いです!

投稿日:

執筆者:シオ

Copyright© 野郎とバイクとアウトドア -メインギルド- , 2019 All Rights Reserved.