旅の記録

シカゴのミレニアムパークにある「The Bean(ザ・ビーン)」は必ず観ておくべきオススメ観光スポット!

投稿日:

アメリカのイリノイ州シカゴダウンタウンの中にあるミレニアムパーク。

dsc06918-2

街中にあるとは思えない規模の公園で、地元の人の憩いの場となっています。

このミレニアムパークの中には「The Bean(ザ・ビーン)」と呼ばれる、現代アートが評判らしいので行ってきました!

The Beanは現代アートと一線を画す存在感!

正直、現代アートはあまり興味がないので、とりあえず一目見てすぐ帰ろうと思っていました。

しかし、「The Bean」は一目見てその素晴らしさに圧倒されてしまいました!

dsc06935-2

 

で、でかい!!

 

周りのビルが高いのであまり感じないかもしれませんが、大人何人分もある高さです!

 

自撮りが楽しい!ザ・ビーン!

 

ザ・ビーンの周りでは写真や自撮りを撮る人でいつも溢れかえっています。

 

dsc06924-2

 

ということで、僕も自撮りをば。。。

 

dsc06940-2

 

そう、表面がピカピカの鏡のようになっているので、こんな自撮りもできるんです。

 

僕が行った時も皆が思い思いの自撮りを楽しんでいました。

 

dsc06947-2

 

・・・・・・・・

 

dsc06947-2

 

 

・・・・┌(┌^o^)┐ホモォ…?

 

dsc06948-2

 

楽しそうで何よりです・・・(笑)

 

流線型の形は見る角度を変えれば景色は無限大!

ザ・ビーンの内側から見上げて見ると、流線型の表面に反射して、こんな幾学模様を見ることができます。

 

dsc06945-2

 

まるで万華鏡ですね!

 

dsc06946-2

 

天気によっても表情を変える芸術

ザ・ビーンの魅力は、一つとして「同じ見え方がない」ということです。

天気や、角度、周りの人物によって、その表情を幾重にも変えて見せてくれます。

dsc06952-2

 

まるでこのシカゴの街そのものを芸術に押し込めたような存在です。

 

dsc06953-2

 

製作者の本来の意図はわかりませんが、僕には

「この作品は常に流動的に変わり続けるこの街を芸術に昇華した。」

「芸術とは固定されるものではなく、常に変わり続ける人と空と街とともに生きていくものだ。」

ということを語られている気になりました。

 

dsc06944-2

 

シカゴの街と空を現代アートに閉じ込めた「The Bean(ザ・ビーン)」は絶対に見る逃してはいけない観光スポットですよ!

シカゴのダウンタウンを訪れた際はお忘れなく!(。ゝ∀・)b

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
シオ

シオ

H.2年生まれ。フリーランス。 ガジェット、アウトドア、バイクが好きなエストレヤ乗り。ローカルメディア「ありんど高知」編集長。 今年からハンター始めます。

-旅の記録
-

Copyright© 野郎とバイクとアウトドア -メインギルド- , 2018 All Rights Reserved.