野郎のたわごと

MACでWindows用「FILCO Majestouch2 赤軸」メカニカルキーボードを使う方法(Karabiner-Elementsの設定方法)

更新日:

こんにちは。KAI(しおちゃん)[@saltkai]です。

最近、Mac book Proをデスクトップ用PCとして利用しています。
その関係で、Macの外付けキーボードを使うようになったのですが、これがなかなか僕には扱いが難しく、誤入力が頻発していたんですよね。

こんなツイートをしたところ、「メカニカルキーボードがいいよ!」とツイッターで教えてもらいました。

プロ御用達のメカニカルキーボード

メカニカルキーボードというのは執筆やプログラマーのプロ御用達のキーボードで、高い耐久力と機能性を兼ね備えたキーボードなんだとか。

少しでも作業がしやすくなればと思い、勧められるままに自分もメカニカルキーボードを買って見ることにしました。

購入したのは「FILCO Majestouch2 赤軸」

メカニカルキーボードの老舗であることと、レビューが多いことが決め手でした。

メカニカルキーボードを試して見た感じ、確かに打ちやすい!
まだなれていないこともあって、誤入力もありますが、以前のMac用純正キーボードよりは格段に誤入力の回数は減りました。

ただ、キーを入力した時の打鍵感が一番軽い赤軸を選んだので、もう少し「しっかりと入力した感」が欲しかったかもしれません。青軸とかでもよかったかなぁ。

まあ、今のところ概ね満足なので、しばらくこれで使ってみようと思います。

 

WinキーボードをMacで使う方法

 

さて、問題はこの「FILCO Majestouch2 赤軸」はWin用キーボード。
Macのキーボードとはキーの種類や配列が微妙に違うので、矯正が必要です。

でも、Win用キーボードをMac用として使うためのアプリが無料で公開されています。開発者様に本当に感謝。

それが、Karabiner-Elements

このアプリの最新版をダウンンロードします(.dmgファイルのダウンロードリンク

 

いつも通りインストールしたら、アプリを立ち上げて設定。

 

まずは「Virtual Keyboard」のタブでキーボードタイプを「JIS」に設定しましょう。

ここを設定すると、ちゃんとJIS配列のキーボードとして認識してくれます。

最初、僕はこの設定を忘れて、かなり悩むことになりました(笑

 

続いて、「Simple Modifications」のタブでWin用のキーをMac用に矯正します。

僕の設定はこんな感じ。

これで、MACのキーボード配列と同じ感じで入力をすることができるようになりました。

今回の設定にあたり、こちらのブログ様を参考にさせていただきました。

 

追記:F7キーでカタカナにならない問題の対処法

 

普通のキーボードであれば、F7キーで全角カタカナ、F8キーで半角カタカナに変換できますよね。

しかし、しばらくそれがうまく働いてくれませんでした。

ようやく解決方法を見つけたので追記します。

 

 

F7キーで全角カタカナに変換するためには画像の部分にチェクを入れる必要があるようです。

対応はそれだけ。いやぁ、簡単かんたん♪

 

 

まとめ

 

Macは機能もシンプルでカッコ良いのでかなり好きなのですが、キーボードの種類が少ないことが悩みでした。

今回、「Karabiner-Elements」を利用することによって、Win用の多機能なキーボードも使えるようになると分かったので、これからはキーボード沼にハマりそうですw

Mac用のキーボードにうんざりしている方は、試して見てはいかがでしょうか?

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-野郎のたわごと
-

Copyright© 野郎とバイクとアウトドア -メインギルド- , 2018 All Rights Reserved.