野郎のたわごと

1/1更新【リコール対象確認方法解説】アップル、iPhone 6sが不意にシャットダウンする不具合に対応しバッテリー交換プログラムを開始したので問い合わせてみた!

更新日:

最近、僕のiPhone6Sで急にシャットダウンする事象が頻発するんですよ。

 

 

iPhone6Sのリコールが発覚

JESHOOTS / Pixabay

JESHOOTS / Pixabay

そんなツイートをした直後に、こんな記事を見つけました。

 

アップルが、iPhone 6sの一部でバッテリー残量が半分ほど残っているにも関わらず勝手にシャットダウンしてしまう問題に対してバッテリーの無償交換を実施すると発表しました。対象となるのは、2015年9月から10月までの間に製造され、該当するシリアル番号を持つiPhone 6s。
http://japanese.engadget.com/2016/11/21/iphone-6s/

 

iPhone6S発売初期に購入した機種はリコール対象になるとのこと。

しかし、記事によるとリコール対象機種のシリアルナンバーは公表されておらず、お店に持ち込んで確認してもらわなければならないとのこと。

 

 

お店に持ち込むのって面倒ですよね。。。

もしリコール対象じゃなければ無駄足ですし、どうしたものかとツイートしていたら、こんなリプをいただきました。

 

 

 

なんとアップルサポートへの電話問い合わせでも教えてもらえるとのこと!

早速電話してみました。

 

 

アップルサポートに電話してみた

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-22-18-43-09

アップルサポートの電話番号は下記。

0120-277-535

すぐにつながり、自分の名前や電話番号を伝えて、iPhone6Sの「シリアル番号」と「IMID」を伝えると、リコール対象か調べてもらえました。

ちなみに、「シリアル番号」と「IMID」は 「設定>一般>情報」のページで確認できます。

調べてもらった結果、やはりリコール対象とのことで、基本的に全て無償で新品バッテリーと交換してくれるとのことでした!

ただし、水濡れや画面割れなどがある場合、別途費用がかかる的なことを言われたので、そんな方はお気をつけください。

リコール商品の交換方法

1.宅配での交換

宅配での交換の場合、ヤマトの人が家までiPhoneを取りに来て、アップルまで送り、商品を確認してから新品を送り返すとのことで、新品のアイフォンを受け取るまで1週間程度ラグがあるそうです。

ところが、ここで問題があり、AUやdocomoといった大手キャリアと契約している場合は、そのキャリアでアイフォンを送っている間は代替機を用意してもらうことができるそうです。

が、僕は格安SIMを利用しており、僕のDMMモバイルではそういった代替機のサービスは行っていないそうです。

さすがに、1週間もスマホがなくなるのはツライので、この方法は却下になりました。

2.店舗での交換

アップルストアや、提携している公式修理店などでは、在庫があればすぐにリコール商品を新品と取り替えてもらえるそうです。

しかも、リコール商品は購入から3年間はいつでも、交換が可能とのことで、実質2017年2018年の9月までは利用できるんだとか。

(「3年間なので2018年までですよ」とツイッターでご指摘いただきました。訂正ありがとうございます!)

なので、僕は時間のあるときに店舗まで出向いて、交換してもらうことにしました。

なお、店舗の在庫がない場合は交換まで日数がかかってしまうので、入店前に電話する方が良いそうです。

終わりに

いかがだったでしょうか。
最近、iPhoneのバッテリーが落ちることが多発していたので、リコールがあって本当に良かったです!

そういった症状が出ている方は、ぜひ問い合わせて見てください!

11/28追記

Apple正規代理店の店員さんに問い合わせしたところ、iPhone6s用のバッテリーは世界中で不足しているようです。
そのため、「在庫の補充は年明けあたりになるのではないか」との話です。
iPhone6sのバッテリーの不具合でお悩みの方は、年明けまで待つ必要がありそうですね。

 

 

 

12/1日追記:Appleのサイト内に交換対象か調べることができるページが公開されました

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-02-14-14-17

アップルのサイト内に交換対象か調べることができるページが公開されました。

ここから、シリアル番号を調べることで、対象かどうかを調べることができます。

iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム

1/1追記

アップルストアにて、僕もついにバッテリー交換をしてきました!

一度、アップルストアまで出向き、交換プログラムの予約をして、約10日後に「バッテリーが届いたので交換ができる」という電話がきました。

バックアップを取って、再度アップルストアに出向きました。

バッテリーの交換は30分ほどで済んだのですが、一度iPhoneのデータを全て消去してから作業をするので、バックアップは必須です。
また、終わってから家に帰ってバックアップデータをスマホに読み込ませる必要があるので、家に帰るまでの間は新品のiPhoneと同じ状態です。
当然、LINEなども使えませんので、注意してください。

僕はバックアップからの復旧は無事済んだのですが、なぜかスマホゲームのFGOだけはデータが復旧しませんでした。
他のスマホゲームは問題なかったのですが、なぜかFGOだけ復旧せず・・・

僕は引き継ぎ設定をしていたので、そこからデータの復旧ができましたが、引き継ぎ設定をしていなかったら危ないところでした。

ソシャゲーをされている方は、引き継ぎ設定をしてからバッテリー交換に向かいましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
シオ

シオ

H.2年生まれ。フリーランス。 ガジェット、アウトドア、バイクが好きなエストレヤ乗り。ローカルメディア「ありんど高知」編集長。 今年からハンター始めます。

-野郎のたわごと

Copyright© 野郎とバイクとアウトドア -メインギルド- , 2018 All Rights Reserved.