野郎のたわごと

【レビュー】キャンプやアウトドアで使えるコーヒーミルまとめ

投稿日:

「キャンプに行って挽きたてのコーヒーが飲みたい!」

キャンプ好きな方の多くはこう考えたことがあるんじゃないでしょうか。

 

お気に入りの豆を自分で挽いて、静かなキャンプ場の中でコーヒーを楽しむ。クゥ〜!最高ですね!想像しただけでワクワクします!

僕もキャンプ場で挽きたてのコーヒーを飲みたいと思ったので、今回はアウトドアで使えるコーヒーミルと調べてみたのでまとめました。

 

ポーレックス コーヒーミル セラミック ミニ

キャンプ雑誌などでよく紹介されるポーレックス。

アウトドアでコーヒーを入れると言ったら、やっぱりコレですよね!

粒度調整機能付きで自分好みの粗さに挽けます。

また、ハンドルは取り外し可能で、持ち運びもコンパクト

しかも、ステンレス製なので水洗いOK。日々のお手入れもラクラクです。

 

しかし、デメリットは価格が高めなこと。
6000円以上(執筆時)するので、なかなか踏ん切りがつかないお値段ですね・・・

カリタ 手挽きコーヒーミル KH-3

コーヒーミルメーカーとして有名な「カリタ」のコンパクトなミル。

木製の見た目がレトロでオシャレですよね!

こちらも粒度調整機能付きで自分好みの粗さに挽くことができます。

またこんなオシャレな見た目に反して、価格も1600円程度(執筆時)とコスパも高いです。

 

デメリットとしては、少しサイズが大きいこと。
荷物の限られる登山やバイクでは少しオーバーサイズかもしれません・・・。

荷物に制限がなく、レトロな見た目が好きなら、これ1択でしょうね!

 

HARIO ( ハリオ ) 手挽き コーヒーミル ・ セラミック スリム

中身が透明で見えやすい独特なHARIOのコーヒーミル。

取り外し可能なハンドルは本体にかけることもでき、省スペースを意識した設計がされています。

また、パーツを分解して丸洗いすることもできるのでメンテナンスもラクラク。

 

挽いた粉がコーヒー何配分なのかの、目盛りもついているので、初心者向けなコーヒーミルと言えるでしょう。

 

E-PRANCE 手挽きコーヒーミル

見た目はほとんどポーレックスと同じセラミック製のコーヒーミル。

機能面も粒度調整機能付きでハンドルの取り外しが可能とポーレックスの下位互換といった感じですね。

これだけの機能で、価格は1500円程度(執筆時)とポーレックスの4分の1程度。非常にコスパが良いですね。

 

しかし、レビューを見ると、ポーレックスよりも挽くときの金属音が大きく、挽くのに時間もかかるそうです。
やはりポーレックスの下位互換だと思って良さそうです。

 

 

僕が選んだのは「E-PRANCE 手挽きコーヒーミル」

というわけで、僕が選んだアウトドア用コーヒーミルは「E-PRANCE 手挽きコーヒーミル」です!

決めてはやはりコスパの良さと無骨なメタリックな外観です!
届いた商品は期待通りの見た目でした。

収納時、ミルのハンドルは取り外すことができます。

すべて分解した状態ではこんな感じ。

実際にコーヒー豆を挽いてみましょう。

上部の下についているつまみを調整することで、粉の粗さを調整できます。

 

実際に粉の粗さを変えてみました。

【極小】

【少し荒目】

 

【最も荒目】

 

思っていたよりもちゃんと調整ができていてびっくりしました。

何度も微調整して、今では自分好みの粗さに調節しています。

 

出来上がった粉は下の窓から量を見ることができるので、これも便利。

 

1つデメリットだと感じたのが、取り外したハンドルを無くしそうだということ。
本体に収納する方法がないので、カバンの中で迷子になりそうです。

そこで百均のコードをまとめる物で止めておくことにしました。

これはゴムバンドなんかでも良さそうですね!

 

おわりに

いかがだったでしょうか。
今回はアウトドアで使えるコーヒーミルを紹介しました。

個人的にカリタのコーヒーミルのデザインはすごく好きなので、将来車でキャンプとかをやるようになったら購入しようと思います(笑)

外でコーヒーを豆から淹れるのは最高ですよ!

あなたの参考になれば幸いです!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
シオ

シオ

H.2年生まれ。フリーランス。 ガジェット、アウトドア、バイクが好きなエストレヤ乗り。ローカルメディア「ありんど高知」編集長。 今年からハンター始めます。

-野郎のたわごと

Copyright© 野郎とバイクとアウトドア -メインギルド- , 2018 All Rights Reserved.