旅の記録

【アメリカルート66の旅】ついにあの道路に描かれたルート66のエンブレムを発見!写真を撮るならここで撮れ!【2日目】

投稿日:

 

関連)【アメリカルート66の旅】レンタカーで憧れのルート66へ!アメリカのスケールはいろんな意味で段違い【1日目】 - カイスタ[KAIs STYLE]

アメリカ旅2日目。

早朝の方が車の通りが少なく、運転の練習に良いだろうということで、まだ朝日が上らないうちに出発。

この日から、僕もハンドルを握り、アメリカの道路デビューです。

最初はおっかなびっくりの運転でしたが、アメリカの道路は日本のくねくねした道と違いまっすぐな道ばかりなので格段に運転しやすかったです。運転ルールさえ気をつければ、大丈夫でした!

 

デニーズで朝食

 

この日の昼食は途中のフリーウェイのドライブイン的なところにあったデニーズ。

 

 

当たり前ですが、日本のデニーズとは全然メニューが違いました。

 

味はまあ、アメリカン。あまり美味しくない・・・

この辺りから、日本食が恋しくなってきました。

 

 

出入り口にクレーンゲームがあったのですが、クレカでの支払いができることにびっくり。

さすがカード大国のアメリカ。日本にこんなのあったら廃課金厨が大量生産されるんじゃなかろうか・・・もうあるのかな?クレーンゲームしないからわからないけど。

 

 

デニーズを出て、運転を交代しながらフリーウェイをひた走ります。

フリーウェイとは日本でいう高速道路的なもので、その名の通り無料の車専用道路。
制限速度はほとんどの区間が70マイル(約110キロ)なので、日本の感覚ではかなり飛ばしていますが、まっすぐな道ばかりなのでそんなにスピード感は感じませんでした。

 

 

 

古いガソリンスタンド跡

 

この日の最初の目的地はこの古いガソリンスタンド跡。

残念ながら正式名称は失念しました。

 

ルート66時代のガソリンスタンドのようで、今は使われていませんが、そのたたづまいは当時のロマンを感じます。

 

 

ルート66のエンブレムがかっこいい。

 

 

 

ゲイパリタのガソリンスタンド(Gary's Gay Parita Sinclair Station)

 

そして、また少し走ったところにこちらも古いガソリンスタンド跡、「ゲイパリタのガソリンスタンド(Gary's Gay Parita Sinclair Station)」に到着。

 

ここはまさに観光用に装飾品が整えられていて、テンションが上がりました。

 

 

 

 

今動いているのかわからないようなクラシックカー。

 

そして、なんとこの「ゲイパリタのガソリンスタンド(Gary's Gay Parita Sinclair Station)」の前に道には、あのルート66のエンブレムが描かれていました!

 

 

「ルート66を旅したい」を思っている方なら絶対知っているこの道路に描かれているエンブレム。

実際に行ってみるまでは「ルート66にはこのマークがどこでも描かれているだろう」と思っていましたが、僕たちはここエンブレム以降、一度も発見できませんでした。

このエンブレムはどうやらカリフォルニア州のサンタモニカ付近で描かれているらしく、途中でラスベガス方向に向かってルート66をそれた僕たちは発見できなかったようです。

 

なので、サンタモニカ方面まで行かない方はここで写真を撮りましょう!

 

 

4ウィメンズ・オンザ・ルート(4 Women on the Route)

続いての目的地は「4ウィメンズ・オンザ・ルート(4 Women on the Route)」

 

あの、映画カーズの原型となる作業車があるところだそうです。

 

 

奥にはちゃんとカーズたちがいました。かわいいw

 

ここはお店らしいですが、2017年4月まで閉店すると書いてありました。残念。

 

 

この日のアメリカ飯は結構良かった!

 

日も暮れてきたので、ホテルにチェックインし、近くのレストランへ。

 

僕はこのハンバーガーを注文したのですが、なかなか美味しかったです。

 

一方、長谷川さんが注文したパスタは、味が薄くて微妙・・・

 

やっぱりアメリカで食べるならアメリカンフードですね。

 

 

帰るとき、その店の駐車場に止まっていた車が異様だったので、思わず写真を取ってしまいました。

 

 

大型バイクを荷台からかなりはみ出た状態で載せている・・・・・

 

 

うーん、この感覚はさすがアメリカです。

 

 

この日のホテルは「Days Inn」

 

 

水道から赤錆色の水が出てきたりと、あまり良い宿ではありませんでした。

 

車の運転にも慣れ、ルート66の旅もだいぶ小慣れてきた感じがあります。

さて、明日はどんな景色が待っているんだろうか。

 

関連)【アメリカルート66の旅】レンタカーで憧れのルート66へ!アメリカのスケールはいろんな意味で段違い【1日目】 - カイスタ[KAIs STYLE]

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
シオ

シオ

H.2年生まれ。フリーランス。 ガジェット、アウトドア、バイクが好きなエストレヤ乗り。ローカルメディア「ありんど高知」編集長。 今年からハンター始めます。

-旅の記録
-

Copyright© 野郎とバイクとアウトドア -メインギルド- , 2018 All Rights Reserved.