旅の記録

タクシーよりも安くて安心!アメリカでUberを使ってきたよ!!

投稿日:

日本では何かと規制だなんだで導入が遅れている配車サービスUber。

 

本場アメリカで使って来たので、そのレビューです。

 

Uberの使い方

 

まず、Uberのスマホアプリをダウンロードして、登録を済ませましょう。

登録したら、位置情報をオンにすると、今いる場所が表示されます。

 

そして、どこからどこまで乗りたいかを入力。

するとプランと料金が表示されます。

 

 

配車手配をすると、すぐにアプリがドライバーを探してくれます。

 

 

後は指定した場所で待つだけ。

 

 

迎えに来る車のナンバーとドライバーの名前が表示されるので安心ですよね。

また、Uberの車はフロントガラスにUberのマークが貼ってあるので、それも目印です。

 

 

迎えが来て、車に乗るときは大抵、こちらの名前と目的地を聞かれます。

たぶん乗り間違えがないかの確認なんでしょうね。

 

先に乗客が乗っていたら、ニコッと笑って「Hi(ハイ!)」って挨拶しましょう。

大体挨拶はそれで大丈夫です。

 

後は運転手さんにお任せで目的地まで運んでくれます。

料金は登録してあるクレジットカードで支払い済みなので、降りるときにお金の支払いでまごつくこと無くスマートです。

ちなみにチップも不用のようですが、気に入ったドライバーさんがいたら数ドル渡すととても喜んでくれますよ!

Uberの使い心地

結論から言うと素晴らしいの一言です。

迎えが来るまで数分かかったり、ドライバーの都合で迎えがキャンセルになることはありますが(そのときはもう一度予約すればOK)とても簡単に利用できる素晴らしいサービスです。

良い点1.今どこを走っているのかが分かる

乗車後も、アプリ上で今どの辺りを走っていて、どこに向かっているかが表示されます。

 

これは特に不慣れな外国だと本当に安心ですよね。

 

「タクシーに乗ったら知らない場所に連れていかれた」

なんていうトラブルは発展途上国などでは日常茶飯事です。

 

 

Uberのドライバーも、同じアプリでナビを見ながらその通りに運転するので、さらに安心感があります。

 

良い点2.安さ

乗り合い乗車をするPOOLではタクシーよりも格安で乗ることができます。

僕がサンフランシスコのダウンタウンから、フィッシャーマンズワーフまでの約3kmで利用したときは、わずか3$ちょっとでした。

日本のタクシーの初乗り料金より安いですよねw

 

良い点3.ドライバーの質が良い

Uberなんていう見知らぬサービスで来る一般人のドライバーなんて信用できるのかという不安はあると思います。

でも、僕的にはタクシーなんかよりもずっと信用できますよ。

 

Uberでは乗車後にドライバーを評価するように要求されます。

 

 

 

当然、ドライバーはこの評価が良い方がお客さんを獲得できるので、お客に対して横柄な態度はしません。

むしろ、良い接客をして、良い評価を貰おうとします。

 

僕の偏見だとは思いますが、タクシーの運転手って向上心無いじゃないですか。

仕事だから嫌々真面目に運転している感が伝わってくるんですよね。

 

何かオススメのお店を聞いても

「さぁー、その辺は良く知らないですねー」

とかってはぐらかされて、気まずい沈黙の時間を過ごすことってあるじゃないですか。

あれって嫌いなんですよね。

 

 

タクシー会社の看板を背負っているから、下手なことを言えないのか知りませんが、こっちはお店の正確な情報を知りたいわけじゃなくて、観光での会話を楽しみたいんですよ。

 

 

その点Uberのドライバーはとてもフレンドリーでした。

アメリカ人だから、ということもあるかも知れませんが、こちらの拙い英語も意味を汲み取ってくれて、「ここがオススメだよ!こっちもいいんだよ!」っていう会話を楽しむことができました。

まあ、これもドライバーの性格によるんでしょうが、タクシーよりはこういったドライバーの率が高かったように思います。

 

良い点4.乗客の質が良い

Uberの目玉サービスのPOOLでは、目的地が同じ方向の見知らぬ乗客と乗り合いになります。

 

「全く知らない人と同じ車に乗るなんて不安だ」と思うかも知れませんが、Uberの場合、一定以上の乗客の質は確保できていると思います。

なぜならUberを利用する乗客は「スマートフォン持てて」「ネット回線を利用でき」「クレジットカードを持てる人」に限られます。

ということは、クレジットカードやスマートフォンも持てないような人は利用できないということです。

 

もちろん普通の人ならば上記の条件はクリアできるので、100%絶対に安全ということはありませんが、それでも頭のおかしい人と乗り合いになることは極めて少ないです。

特に海外では、これ以上安心なことって無いんじゃないでしょうか。

 

 

まとめ

Uberはまさにタクシー業界の革命です。

是非日本でも本格導入して欲しいですね!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
シオ

シオ

H.2年生まれ。フリーランス。 ガジェット、アウトドア、バイクが好きなエストレヤ乗り。ローカルメディア「ありんど高知」編集長。 今年からハンター始めます。

-旅の記録

Copyright© 野郎とバイクとアウトドア -メインギルド- , 2018 All Rights Reserved.